俺は振り返って、


りんをぎゅっと抱きしめた。




「10年間…ずっと会いたかった!りんに会えて、よかったっ!」



鈴「(ニコッ)きらと!会いに行けなくてごめんね?りんも会いたかったよ!」





りんの笑顔は昔と何もかわらないくらい輝いていて…


可愛いかったりんは、



10年たった今―…




















とっても美人になった。










この作品のキーワード
四葉  クローバー  病気  妖精  青春  ブルー13