俺は、後悔していた。

あんまり柚希が可愛くて、色っぽくて…

だから、歯止めが効かなかった。

でも、柚希を泣かせてしまった。

ばかだろ、俺…。

当分は、アイツとあんまり話さないようにしよう。


次あんなことあったら、俺はほんとにアイツを襲っちまう。
だから、頭を、それまでに冷やさねぇと…。


舜side おわり

この作品のキーワード
    禁断  いじわる  ペット