あれから1カ月。
お兄ちゃんが、ほとんど話してくれない。
必要以上に、話さなくなった。

触れることなど、もうなくなってしまった。

どんなに話をかけても、どこか素っ気なくて、そんなお兄ちゃんを見て、私は何故か嫌になった。

触れてこないのが異常。
そうなってしまった。

おかしいことは分かっている。
でも、私はお兄ちゃんが話をしてくれなくなったり、触れてこなくなったことを寂しく思っていた。

この作品のキーワード
    禁断  いじわる  ペット