人通りが多い中央駅の柱に隠れるようにして、本田を待つのにはわけがある。

「あの、もう1人誘うって件だけどさ。僕会議で休診なのに、他の人誘いにくいんだよね。2人でいい?」

 と事前に言われていたからだ。

 その時、断ろうかどうか一瞬迷ったが、『先生』相手に2人きりだと行きにくいんです、などと言いづらくて結局断れなかった。

 そう、少しは断わるつもりだったのだが、権力に負けて、私は今日の約束を守るためにここへ来てしまったのである。

 夫にはもちろん何も話していない。この映画の話どころか、売店へ勤め始めたのと、4店舗目がオープンするのが同時だったため、最近は忙しくて店で寝泊まりすることも多い。

 子供を押しつけられているためのストレス発散、という考えはよくない。かといって、ではなぜ今ここへ誰にも内緒で立ち尽くしているのかは、深く考えたくはなかった。

 真紀は1分過ぎた携帯を見ながら、控えめに辺りを伺う。

 この日のために、ネットで白いワンピースとバックを買ったなんて、自分では信じたくなかったが、実際は今日のために自分によく似合う物を購入した、以外の何でもなかった。

 しかし、こんな人通りがある場所で待ち合わせということは、相手も何も考えておらず、いつもの、会食の延長くらいにしか考えていない可能性が高い。

 相手は権威のある医者であり、人からの信頼や人望は想像以上に厚いに違いない。

 そう自分に言い聞かせ、高鳴る緊張を抑える。

「ごめんごめん」

 聞き覚えのある声が背後からして、慌てて振り返った。

「会議が少し長引いちゃって」

 いつもと違うスーツのせいか、長身のその姿は着やせして見えた。

「あ、はい……あ、いえ……」

 真紀は人目も気になり、目を伏せた。

「えっと、車地下に停めてあるけど、駅ビルの中に美味しいところあるからそこ行こうか。僕のおすすめ」

「あ、私はどこでも……」

 歩き出した本間のすぐ後ろに真紀はついていく。

「食事して、映画観て。帰りは何時でもいい?」

 そんなわけない。

「いつもの仕事の4時くらいに帰らないと……」

「そうだね、はいはい。んじゃ、映画……ぎりぎりだなあ」

 本間は腕時計を見ながら言った。白衣の時はしていない腕時計。今日はスーツに合わせてしてきたのであろう。

「ま、いいか、まず食事しようか。僕お腹空いてるんだよなあ……」

 言いながら隣接するホテルのエレベーターに乗り込む。偶然にも、2人きりだ。だが、真紀のよそよそしさをよそに何ともなく、すぐにレストラン階に着いてしまう。

「あ、食品アレルギーとかない?」

 相当回数この店を利用しているのだろう。本間はこちらを伺いながら、靴を脱ぐ間に、レジカウンターのボーイが

「いらっしゃいませ、本間様」

と、頭を下げた。

 ホテルの和食料理の店だけあって、ぬかりはない。

 真紀もハイヒールを脱ぐ。その靴はボーイが片付けてくれた。

 続いて中へ案内してくれる。中はそれほど広くはなく、個室が2つと後は大広間の座敷だけだった。

「僕、先週はここで昼食会だったんだけどね、ここの天ぷらがめちゃうまいんだよ!」

 案内されている途中だが、本間は料理を絶賛する。

「ありがとうございます。本日は天ぷらの盛り合わせでよろしいですか?」

「いつもので」

 本間はにこっと笑って2つ注文し、さっと個室へ入った。

 続いて真紀も入る。

 中はもちろん広くない。4人掛けのテーブルに2つの座椅子があるだけだった。

「今日の会議は年寄が多くて9時から11時って早いんだよ。だから、昼診に間に合わないこともないんだけど、まあいっかと思って。映画行きたかったし」

 対面して座る本間はおしぼりで手を拭きながら笑った。

「休みの日だと子供がいて、落ち着いて映画行けないからね」

 妙に心が冷たい気持ちになる。

「そう……ですね……」

 真紀はおしぼりには手をつけず、ただその大きな手を見つめて、相槌を打った。

「僕、ずっと聞こうと思ってたんだけどさ」

 本間は使ったおしぼりを丁寧に畳みながら聞く。

「吉住さん、結婚してるよね?」

 今まで隠していたわけではない。もちろん結婚指輪も最初からしているのだが、子供の話や家族の話はしたことがなかった。それは、あえてしなかった、と自分では思ってはいない。ただ聞かれなかったから、言わなかっただけのこと。

「あ、はい……。子供もいます」

 4人と言えば驚いて引かれる可能性があるので、聞かれるまでは言わないでおこうとすぐに心に決める。

「何歳?」

 それは職業病なのかどうなのか、本間はすぐに聞いた。

「……4、3、2、0」

「えっ!?」

 本間は驚いて目を丸くする。

「4人!? えっ、……なんかカウントしてるわけじゃないよね?」

 何故か本間は辺りを見回した。

「4人……います」

 一瞬の後悔を吹き飛ばすように、

「いやあ、綺麗に産んだね! 全然独身でも通るよ。まだ若いせいもあるかもしれないけど、まさか、4人もいるとは思えない」

 まあ、この手の感想はよく言われるので慣れている。

「若い時に、産みましたから……」

 そして返すコメントも決めている。

「そっかそっか、4人かぁ。え、旦那さんは?」

この作品のキーワード
医者  不倫  医師  浮気  院内恋愛  売店  主婦  パート  部長  年の差 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。