短編小説です。幼稚な文章ですが、読んでいただけばうれしいです

目次