「ん?奈南、呼ばれてるよ。」

告白じゃない?と梨乃が意地悪気に笑った。

「そうだとしても断るよ。」

そういうと梨乃は『わかってるわよ』というように肩を竦めた。