私たちを
  繋ぎ合わせたのは


   「花言葉」
    だった。


   生徒×先生

目次