彼、今日も待ってる。

毎日毎日門のところで待ってる。


「ストーカーじゃん」


って親友の明美は言うけれど、ストーカーってわけでもないと思うの。

だって、ストーカーって、隠れてこそこそって感じでしょ?

彼、堂々とあそこで待ってるんだもん。



「それ、持ってやるから、よこせ」


「え、いいよ。悪いし、持って貰う義理なんてないから」


「いいから、俺が持ちたいんだよ。よこせ」


彼は強引に私の手から鞄を奪っていく。


こんなことが、毎日続いてる。


そうあの日から。