「ははっ俺と会いたいって思ってくれたわけ?」


「えっと…な、名前!名前聞いてなかったから」


「そうだな。俺は高橋夏斗」


「夏斗…さん…?」


「そんなかしこまんなくてもナツでいいよ!ついでに敬語いらない」


「は…う、うん!!」


「はいって言いかけただろ」


「う…」


「はははっ」


「あははっ」



おかしくなって二人で笑った。


こんな人が隣にすんでるなんて…///


考えただけで照れてしまう。


すごくドキドキする…。