今まで実家暮らしだった私は、
 料理は素人同然だった。

 頼みの綱はタジン鍋。

 というより、引越しをくり上げたので、
 まだ鍋もフライパンも無かっただけ。
 
 でも、これが万能だと母から教わり、
 早速野菜を煮込みまくった。
 
 でも、タジンで出来るモノって、
 大抵は煮込まれてしまうから、
 数日で飽きもくる。
 
 だがタイミングよくフライパンが到着した。

この作品のキーワード
貧乏  同棲  結婚  わがまま彼氏  実話  エッセイ  結婚予定  道のり  ほのぼの  笑える 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。