そんなこんなで、
 私の毎日の終わりは食事で終わる。
 〆はご飯を炊く事。

 朝も彼のご飯の用意から始まる。

 大好きな味噌にんにくとご飯を用意して、
 好きな飲み物をセット。
 
 それだけなんだけど、
 その為に毎朝5時起きだ。

この作品のキーワード
貧乏  同棲  結婚  わがまま彼氏  実話  エッセイ  結婚予定  道のり  ほのぼの  笑える 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。