町はあの頃とは比べ物にならないくらいに賑やかになっていた。




8年前には見なかった高層の建物がいくつも建っている。







夜には真っ暗で何も見えなかったこの町が、



空を見上げければ、星たちがきらきらと瞬いて降ってくるようだったこの町が、






あたしが大人になったのと同じように、ネオンで光り輝く、画期的な町へと変貌を遂げている。










「ほんっと、久しぶりだなぁ…」





8歳の頃まで家族3人で生活していたアパートを前に、深呼吸する。






ど田舎だったこの地がこんなに大きく変わっても、



この、どこか古臭いような、安っぽいようなアパートは何一つ変わっていなかった。