翌日。






「えぇ!?あの連中が全員、未亜の幼なじみだった!?」


「うん…」


「は!?なんでっ!?どういう成り行きで!?どうして昨日会っちゃったの!?」


「ちょ、ちょっと愛依ちゃん、落ち着いて…」




昨日の放課後の出来事を簡単に愛依ちゃんに説明したあたしは、今こうして彼女に詰め寄られてるわけなんだけど…。



愛依ちゃんの興奮は冷めることなく、ぐんぐんと勢いを増してあたしを威圧する。




「落ち着いてられないよ!だってあいつらが…。未亜の古い知り合いだったなんて…」


「あたしだってびっくりしたよ…」


「はぁ~…。信じられない…」



愛依ちゃんはがくりと肩を落として顔を手で覆う。


よほどショックだったらしい。




「ご、ごめん。なんか…」


「いや…。別に未亜が悪いわけじゃないんだよね、うん…。そもそもあたし自身、あの人たちに何かされたわけではないんだし……」



愛依ちゃんは何やら心の中で葛藤を繰り返しているみたいで、さっきからずっと「う~ん」やら「あ~」やら、低い声を出して唸ってる。