それは「欲望の箱」と名付けられていた。

何故、あの箱が気になるのだろう。

ちびっと大人な話を書いてみました。
私には珍しく。

この作品のキーワード
らぶらぶ  恋愛  ロマンス