結月(ゆいげつ)。
 獣の女たちは年に一度だけ妊娠可能になる。
 その時期、男を選んで子どもを作るのだ。

 女たちは通常、一度に複数の子どもを産む。
 生まれた子どもは産んだ女たちによって集団で育てられるので、子どもが乳離れするまでの約半年間、女たちは子育てにかかり切りになる。

 その間の生活の糧を選んだ男から得なければならないため、男選びは重要なのだ。

 選択権は女にある。
 男は同時に不特定多数の女に子どもを産ませる事が可能だが、女はせいぜい二、三の相手を受け入れるのが限度だからだ。
 そのため男に拒否権はあっても、選択権はない。

 隣でニコニコ笑っている侍女をジンが紹介する。
 彼女は笑顔のままペコリと頭を下げた。


「奥様のお世話をさせて頂く事になりました。ミユと申します」

「あんたのとこのモモカには大分劣るが、うちの女たちの中じゃかなり優秀な方だ」

「いやーん。褒められたら私からお願いしたくなっちゃいますぅ」

「まだまだ教育の必要はあるがな」

この作品のキーワード
異世界  ファンタジー  獣人  鬼畜眼鏡  深窓の令嬢  もふもふ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。