やべー、茉央心配してるかな。
早く戻りたいのによくしゃべる女だ。




でも一応取引相手のお孫さんだし愛想だけはよくしておかねえと。




「春樹さんってなんでもできるんですね。
もしかして弱点なんてないんじゃないんですか?」




弱点か…
確かにないかもな。




「とくにありませんかね。」




時計をみると茉央をおいてきた時刻からかなりたっていた。



そろそろ本当にやばいな。




「あの春「百合さん申し訳ありませんが僕は人を待たせてるんでこのへんで失礼します。」




「そうだったんですか!?
それはすいません。」



この作品のキーワード
清掃  副社長  社長  会社  結婚  シンデレラ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。