中学3年生のある日、私は足を怪我した。


絶望に溢れてた時、暗い闇に覆われていた時私に光をくれたのはあなただった。

作品を作るのは初めてなので暖かく見守ってください!

目次