男は苦しみのあまり
包丁を手にしていた……

目次