だが神崎は解ってしまう。

「―お前、何、変な事考えてんだよ…」


ギクッとでも言うように、私の体が芯から震え上がった。


「…は、は?何?変な事って………」


声が裏返った。


「周りからは恋人に見えてたりして、とか。」


「…ッ」


私は顔をブンブン振った。

この男はどこまで…


「~~~んな事っあっある訳ないだろっ!!」

鋭いんだ……。


頬が…熱くなる。


今の私は、きっと世界一、真っ赤な顔をしてる。