一方男子は、というと、あまり制服と変わらない形のタキシードに定番の白い手袋、という衣装だ。


私は口を開く。

「まあ、もう衣装届いちゃったんだからさ。」


先程の前者グループ―――主に真面目、地味―――の人々が一斉に私を睨む。


だが後者グループ―――主にギャル――の人々は私に加勢してくれる。


「そうだよ。せっかくメイド喫茶の希望通ったんだしサ。」


「比奈子の言う通りだよ。着たくねえなら届く前に言え~~。」


クラスの大半は、私の事を「朝比」「比奈」「比奈子」と呼ぶ。


思い返せば中学の時も、私を「風」(フウ)なんて変な呼び名で呼ぶのは、峰子たった1人だった。


それが逆に嬉しかった事でもあるのだが。