時刻は――10時。


俺は腕にはめられたお高い時計を見た。


唯一の母のかたみだった。


母には似合わない、ドクロやチェーンで飾られた時計。



巨大なアーチをくぐると、そこは立川とは思えないくらい賑わっていた。


それもそうか…

学園祭だし。


「ねぇねぇ、あの人カッコよくない!?」


どこからか、そんな声が聞こえる。


「声かけてみる?」



俺は声をかけられるのだけは勘弁だ。


少しだけ足の速度を早め、校舎の中に入る。


だから嫌なんだ。

女と言うのは………。