玲は表情を崩さずに、次は顔を近付けてくる。


「抵抗すんなよ。」


甘い、とても儚い声。


聞いた人間は、本当に抵抗出来なくなってしまう。


そしてそのまま――…



唇が触れるまで、あと一秒もない、という所で、聞き慣れた声が耳に入った。


「な~にやってるのかな?」


……神崎!


玲は神崎を見ると、舌打ちをして何処かへ行ってしまった。


階段の上に居た神崎が、私の元へ来る。


私の力が抜けて、へたりこむよりも、神崎が私の肩に、今朝のように顔をうずくまらせる方がわずかに早かった。


神崎の顔が――赤い。