数回叫んだのち、神崎がのろりと顔をお年頃の女子高生の首筋から上げる。


まるでスローモーションの映像を見ているようだ。


神崎はゆっくりと顔をあげ、私を見ると、体を起こした。


「…あ、わり。」


心のこもっていない謝り方にいつもなら怒る所だが、神崎の真っ赤な顔を見ていると、今回ばかりは見逃してやろう、と思えてくる。

「重い~。自分のベッドに寝なさいよ~」


私は神崎の手を振りほどいて上体を起こそうとした。


だが………
……びくとも、しない。


「…え?…ちょ、神崎。」


私はおそるおそる顔をあげて、神崎を見る。


神崎の顔は赤いものの、表情はいつになく真剣だった。


そして―――…


私は沈黙に落ちた。

いや、詳しくいえば、黙ってしまったのは驚いたからだ。


目の前には……