静かに鳴り終えたチャイム。

それが私を現実へ戻してくれた。


「テスト返すぞー」

先生の眠そうな声に、皆が緊張感を失う。

「...朝比奈ー」


私は呼ばれる前から席を立っていた。


先生の手から答案を受け取り、心の中でガッツポーズをする。


一年C組。出席番号一番。
「おまけに成績も一番〜...――なんちゃって。」

私は押さえきれぬ喜びを、小声でそっと、呟いた。


数1のテスト。
点数は..94点。

多分これはクラス――もしかしたら学年でもトップだったりして。