中谷優希。


それは、好村の好きな女の子。


そして・・・・あたしの友達だった。



どうして好村はあたしの周りの子を好きになるの・・・・?


どうしてあたしじゃないの・・・・?



涙が出そうになったから目を強くこすった。


とりあえずこの経緯を親友の井上優香に話した。


「・・・そっかぁ。優希のことがねぇ・・・・。」


優香は優希の親友でもある。

「うん・・。諦めろってことだよねーー。」

「う~ん。・・・まぁ、美希ならいい恋できるよ!」


優香は笑って言った。


いつもならきっと笑って諦められる。


でも、この恋は諦められない。


「まぁ、とりあえずはこのまま好きでいるしかないかな・・・。とりあえずこの話は内緒ね!!」


「ん、そっか。了解!」


不思議と優香がそっけない。


優香は他人のことに興味がない。

それなのに自分のことはすぐ聞いて欲しがる。


そこが困るところ。


まぁいいところもあるんだけど。


でも・・・・あたしがおもってもないことが起きてしまった。



ある日菜緒からメールがきた。

「美希って好村が好きなの?優希に聞かれて・・・・。」


なんで優希や菜緒が知ってるの・・・?



言った人なんてあの子しかいない。


優香だ。


「優香、あたしの好きな人のこと優希に言った?」


優香は微妙に顔をひきつらせる。


「・・・言ってないよ。ただ好村のことを好きな子がいるって言っただけだよ!?」


どうして嘘つくの・・・?

優希に言ったって素直に言ってよ。


許せなくなるじゃん。


「・・・・そっか。言わないでね!!」


「うん、もちろん!」


優香は笑ってそう言った。


そんなこと平気で笑って言うんだね。


・・・・・言ったくせに。



もう何もかもやだよ・・・・。