人殺し──その言葉が、耳から離れない。


しかし、こうして泣く彼女は、儚く弱かった。


追求するより、優しく守ってやりたい自分がいる。


やがて深音は、こくりと首を縦にふった。



「……家の前まで送ってください……」


「……おう」


「明日は、おうちに行って良いですか?」


「……朝イチで迎えに来てやるよ」



頭を撫でてやると、青かった顔に、初めて赤みがさした。


さすがに、笑えないみたいだが。



「指……ちゃんと、手当てしてね」


「わかってる」


「……ごめんなさい……」



彼女は、また抱きついてきて。


少し、泣いた。



……だから、少しは警戒しろよ。


俺は、お前が好きなんだ。


智がしたかった事と、俺の胸の奥の願望は、きっと大して変わらない。


しょうがねぇな。


身分違いの恋だ。


俺はもう。


完全に。


この歌姫の、家来になってしまった。