「……なんなのあいつ」



別にこんなシチュエーションを用意しなくても、普通に誘ってくれればいいのに。馬鹿な奴だ。


黒い傘を広げると、きっとずぶ濡れで家につくであろう山本のことが少し心配になった。

「ごめーんあかねちゃん! 風邪引いて映画行けなくなっちゃった!」なんて言い出したらどうしてやろうか。



「まぁ、大丈夫か」



馬鹿は風邪引かないっていうしね。


私はそんなことを考えながらより激しくなる雨と共に家路についた。