「…ん」



触れてきた唇は私の唇に柔らかく重なった。

唇を唇でなぞるような優しいキスは、彼の穏やかな人柄そのもの。


彼はそっと唇を離すと、私の頭を抱いて自分の腕の中へ引き寄せた。

マンションの前に停められた車の中、夕方から降り始めた霧雨がベールのように車ごと私たちを包む。


「帰したくないな」

一人ごとのようにつぶやいた彼の言葉を、私は彼の胸に頬を寄せて聞いた。



彼と出会ったのは五年前の入社式でのこと。

それからは同僚として同じチームで、働いてきた。



それが半年前、突然彼に告白されて---

「綾音、ずっとお前のことを見てきた。

だから最近のお前を見てると心配でたまらないよ…

悩んでいることがあるなら、俺にも背負わせてくれないか?


綾音のことが好きなんだ」


私はひどく疲れていた。

気持ちの上では毎日綱渡りをしているように追い詰められていた。

だからすがってしまったのだ。

差し出された彼の手に…



それでも私は彼に悩みを打ち明けることは出来なかった。

彼はそれを責めることもなく、ただ黙って私に寄り添ってくれた。

日溜まりのような彼のぬくもりは、疲れ、荒れ果てた私の気持ちを癒やしてくれた。


「綾音。愛してるよ」



彼の暖かい腕はいつも私を求めてきて、そっと抱きすくめられる。

そして彼は私のことを宝物のように大事に扱うのだ。



こんな私を…

この作品のキーワード
鬼畜  密フェチ  腹黒  再会    イケメン  肉食  泥沼  三角関係  婚約者 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。