名前はわかった。


でも私は名前以外なにもわからない。


どうやら佑は全て知っているようだ。


聞かなきゃ…。


「あの、佑が知ってること全て教えて…」


佑は少し考えて言った。


『ん…なにから話そうか?』


私はとにかくなぜ記憶を失ったのかが知りたいと言った。


でも佑は複雑そうな顔で


『……まだそれを知るのは早すぎる』


そう言って教えてくれなかった。


早すぎる…?なぜだろう。


状況が悪かったのだろうか…


疑問は浮かんだもののあまり深く考えないようにした。


記憶喪失をしたんだから、いいことじゃないんだろう。




私は他に教えてくれそうな事を聞いた。


「ここはどこ?」


『ここは俺の家』


佑の…


私はとっさに

「私の家はどこ?迷惑はかけたくないの、帰らせて…」


と言った。


自分の家があると思っていたから…。