この時代に
私の居場所なんていらない

だって、私の居場所は他にある



「元の時代に帰らせろ、なんて言いませんから。とりあえず此処から解放しちゃくれませんか」



江戸時代、幕末
動乱の時代にタイムスリップしてしまった主人公、恵梨。

元の時代には両親も兄弟も友達も居て……


帰りたいと
思っていた


何があっても
元の時代に帰ると

思っていたのに――



「頼むから、いい加減、俺を受け入れてくれ」



どうしてそうやって
私を揺らがせるんですか






この作品のキーワード
居場所  二手  トリップ  新撰組  女子高生  平凡    前世 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。