中学にあがって間もなく、獅子島の両親は離婚した。

父親に引き取られた獅子島は、出ていく母親の背中をじっと睨んでいた。

手をきつく、きつく握り締めて。

私は何もできなかった。

ただ、抱き締めることしかできなかった。

獅子島が何を感じたのかわからなかった。

私がいるよ?

ずっといるよ?