「や、やばい。流石に遅れすぎたっ」



理事長室の場所なんか知らないが、とりあえず走る……と、目の前に理事長室のプレートが現れた。



「見つけた!」



はぁはぁと肩で息をしながら、ドアをノックする。



「どうぞー」



理事長室から聞こえてるとは思えないぐらい気の抜けた返事に気が抜ける。



それに……何か聞いた事あるような声?



「失礼します」



微かに疑問は抱えながらも、ゆっくりとドアを開ける。



この作品のキーワード
暴走族  黒猫  不良    過去  不良校  恋愛    秘密 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。