___________ . . .




次の日ーーー



「ふわぁあ、眠っ………」



迎えの車の中、寝不足の目を擦る。



案の定、最悪の寝起きとなってしまった。危うく寝坊するところだったよ…。



「昨日、寝れなかったのか?」



「うん、倉庫で寝すぎた」



嘘半分、真実半分で話す。だって寝れなかったのは本当のことだし…。



「少し寝るか?」



「ううん……また今日も寝れなくなっちゃう」



「そうか」



そんな会話をしている内に車は倉庫へと到着した。



倉庫に横付けされた車から降り、いつもの部屋へと向かう。





この作品のキーワード
暴走族  黒猫  不良    過去  不良校  恋愛    秘密 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。