車に揺られこと5分、望んでいない倉庫に着いてしまった。



「由美、着いて来い」



蓮はそれだけ言うとスタスタと歩いていってしまう。



このまま帰っちゃおうかな…。



気がつかれないように帰ってしまおうと後ずさると、ドンッと誰かにぶつかった。



チラッとそちらを見ると満面の笑みを浮かべている朔が立っていた。



「帰っちゃだめだよ。……蓮!先に行くと由美ちゃんが帰っちゃうよ」



そう呼びかけられた蓮は立ち止まりこちらを向く。



……抜け目のない朔さえいなかったらさっさと帰れたのに…。



「ほら、行くよ」



「はぁ」



話を聞かないと帰れそうにないな…。



嫌々ながら倉庫に向かって歩き出す。



この作品のキーワード
暴走族  黒猫  不良    過去  不良校  恋愛    秘密 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。