ピピピピッ ピピピピ…



「朝……か…」



欠伸をしながらゆっくりと起き上がり、霞む目をゴシゴシと擦る。



ぐぅっと伸びをして視線を向けた先、



「やばっ、遅刻!」



8時を指す時計を見て一瞬焦ったが



「まぁいいか」



どうせ焦っても遅刻だろうとのんびりと支度をし始めた。



この作品のキーワード
暴走族  黒猫  不良    過去  不良校  恋愛    秘密 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。