遠い昔の初恋…。


今となっては思い出。


もう二度と初恋の人に

会えるわけないって思ってた。



今年で22歳。

私はごく普通にOLで

恋愛なんかいっぱいしたけど。


うまくいかなくて

もう投げやりになってた。


昔にもどりたい。


ただただ願うばかりだった。


叶うわけないことに

私は少しでも期待していた。


バカだと思われても

しかたないのだろう。


-…バン!!!


「いったぁあ…!」

「ごめん!大丈夫?」

「アッ、はい。」

見知らぬ彼は転んでる私に

優しく手をさしだしてきた。


「ありがとうございます。」

「いやいや、こっちこそごめん。」


「あ…ごめんなさい…それ…。」

「え…あぁ、こんくらい平気!」

彼のスーツには私のコーヒが

べっちゃりかかっていた。