ある日彼のベッドで目を覚ますと、私は足枷を付けられ拘束されていた。

疑問に思った私は部屋に現れた彼に理由を訊いた。


「君に消えて欲しくないから。どこにも行って欲しくないからだよ」


私はなんとか説得しようとするが彼は納得してくれない。

そして始まった監禁生活。

そんな彼と私の結末は……?



※R15レベルの表現があります。ただしこれはあくまでそういう表現が苦手な人のための表記ですので、そこのところをご理解下さい。

内容はシリアスです。

色々詰めの甘いところがありますがよろしくお願いします。

この作品のキーワード
監禁      狂気  病み  恋人  証明  狂愛