赤は黒に近い色

黄色は灰色っぽい色

青も黒のような色


黒は黒
白は白

それだけははっきり言える


何故なら私は「色」が見えないから
ものは見えるけど、その色はわからない
私の目は色を映し出してはくれなかった


私は昔の白黒テレビのような世界を10年以上みてきた
その間、白黒以外の色を見ることはなかった

今のカラーテレビのように鮮やかな世界は見なかった

小さい頃5年間だけみた色の記憶はどんどん薄れていく


死にたかった
一人で苦しかった


そんな私だから体験できた

ありがとう








この話はフィクションです!

目次