私の隙間を埋めるものがあるとするのなら、
それは男と薬だ

目次