君が好きだと言ったものは興味が湧くし、君が嫌いだと言ったものは何となく苦手になる。

無理に合わせてくれなくてもいいのに…と優しい君は言うけれど、僕は本当に無理に合わせている気は無い訳で。

「気付いたら感覚が君と似てきたんだよ」と伝えると、君は「奇遇だね、私もなの」と笑いながら答えた。

…つまり僕らは、そんな関係なのだ。



この作品のキーワード
デート  純愛  余生  カフェ