和真さんと一緒にエレベーターに乗りると、

さらに怖そうな人たちがたくさんいるところに入った…

見た感じ、こんな怖そうな人がいなかったら、普通の会社みたいなんだけどな…

そんなことを思いながら、和真さんにしがみつくように歩いていた。

和真さんは私がべったり寄り添うことが相当嬉しいようで、


口元が…
…あっ、ニヤリってした…


和真さんがどんどん進むにつれて、周りから声がかかる。

怖そうな人が私たちっていうか…和真さんに頭を下げる…