「あー。高山の事か…

まあ、理香ちゃんがまじで付き合ってるって分かってからは相当高山にプレッシャーかけてるみてえだぞ。

 高山の兄貴連中もおやじがなんでそんなに?と思っているだろうけど、

まさか理香ちゃん絡みでとはおもわねーだろうな。

 期待されてんだ位に思ってんだろう。

 まあ、高山も今のところそれにこたえてんから大丈夫だろ…」


『それならいいんだけど…

 あんまり和真さんに無理言わないように言っておいてよ。』


組の事はよくわからないけど、上の人間が言ったことは絶対の世界。

和真さんもそれはよくわかっていることだけど…

その上の・・・頂点にいるのは私の父親。

あの人が無茶言わなきゃいいけど…これ以上和真さんが忙しくなると、あんまり

会えなくてさみしいじゃん…

私の顔にそんな気持ちが出ていたのだろうか…



「理香ちゃんは高山が忙しくてさみしいって顔に書いてあんぞ。

 それなら、おやじには理香ちゃんから直接いいな。

 俺から、おやじがしていることに意見することはできねーぞ。」


まあ、それもそうだと思うけど…