「ヂュルっ………チュッ」



え、何してるの?


せっかく起きたのに
目が開けられない。

ヤラしーいことはここでやらないで!






「…………………」



「チュッ……………んっ」







ちょっとってば!
ダメよ!




「……………ん、うまい」





えっ?それっておいしいの?
き、気持ち悪いね…


「……………もうっ!」



「ん、なんだよ」



「え?」



そこには愁がいた。




「え。あ、その、ね!さっきまで
誰か、その、女的なのいた?」





女的…………


自分でも笑える。
女的って女じゃないんだね。




「女的な奴なんていねーよ。
俺は男。俺しかいませんでしたけど?」





嘘つかないでよ。
あんたが男なのは知ってるけど
なんかアッチ系のね、ね?