「おーーい、みんなーーー!」



佐藤さんの声で
いつもの動物たちが顔を出した。



「寮生活をしていくにあたって
役割分担をしよう!」


さすが佐藤さん。
しっかり者飼育員だ。



「佐藤、そういうの好きだな。」

「んなもん、いらねぇーよ」


「はーーい!俺はね、洗濯物洗うやつがいい!」


「珍しいな、昴がそんなこと。」


「女の下着が毎日見れるじゃん。
まっ。貧乳女も女だからな!」




やめとけ。風呂入るのに恐怖を感じるのは
初めてだわ。



「じゃあ、ユサちゃん何がいい?」