高校生活で


友達一人いればいい


あとはどうでもよかった


なのに、
忘れかけていた図書カードを握り
私の足は図書室へ向かう



この作品のキーワード
文学少年  先輩  後輩  図書室