鬼、狼、人の血を引く少女。

桐生 椿

幕末に生きた、同じ鬼狼の女に過去にとばされてしまった。

そこで出会ったのは、新撰組だった。

鬼狼として覚醒すれば、歴史は大きく変わってしまう。

人間に悪意を抱きながらも、新撰組に協力する椿。

「もう、私と同じような≪ヒト≫ではないモノを悲しませたくない」


≪ヒト≫ではない少女は、幕末に…生きる。



******************
時雨菜様、素敵な感想ありがとうございました。

この作品のキーワード
鬼狼  ヒトではない  新撰組  斎藤一  土方歳三 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。