人には大小関係なしに「悩み」を抱えてる
それが、抱えきれなくなった時暖かい手を差し出してくれる人がいる

私は…?
信じる事を恐れ1人になり…
いつの間にか真っ暗な世界に閉じ込められていた…
でもね
気づいたら暗闇の中
暖かな手が
私を眩しい光の世界へと導いてくれていたよ

ありがとう
私は1人じゃなかったんだね

信じて…いいんだよね…?
ううん。
もう一度だけ…信じるよ。