「ごめんなさい。」


そう謝って、飯野先輩の手から離れようとする。

だけど、飯野先輩に痛くないぐらいの強さで手を握られているため、離せない。


「冷たくて気持ちいいから、離さない♪
 あと、道案内よろしく。」


そうだった。


「ーーーーえっと、ここのつきあたりを右に曲がってーー...」


説明しながら、私は飯野先輩に聞いた。