みんなが、飯野先輩の家を後にする。


運転手さんらしき人に、駅まで送ってもらうから、車に乗り込んだ時ーー…

飯野先輩と肩がぶつかって、尻餅をついた。


「…痛っ。」

「香織、平気か?
悪かったな。」


飯野先輩は、そう言って、私に手を差し伸べる。

そして、飯野先輩の手を握って、立ち上がる。