プールサイドから始まる、音楽と恋。

角野蒼(16)
澄んだ歌声の持ち主。
昔の経験から、人づき合いが怖い女の子。

村田一樹(16)
三度の飯よりギターが好きな、静かめで優しい男の子。

「怖くないから。もう一度歌おうよ。」

「一樹のためだけに、歌うよ。」

二人の奏でる、甘酸っぱい恋のメロディー。